Bitwarden でパスワード管理をしてみよう

最近 Google Chrome を使っていたらこんな表示がよく出てくるようになりました。

f:id:free-denshi:20210221182949p:plain

最近はブラウザに記憶したパスワードが漏洩したかどうかなんてチェックしてくれるんですね。どうやってこういう機能作ってるんだろう。
とか言ってる場合ではなく、流石に何かしらの対策をしなければならないかなと思い、パスワード管理ツールを導入したというお話です。

どんな候補があるんだろう

Google 先生に聞いてみた結果、候補はざっとこんな感じだろうか。
- 1 password
- LastPass
- RoboForm
- Keeper
- Bitwarden

正直 1 password くらいしか名前を知らないうえでパスワード管理ツールを使ったことが無いのでどれがいいとかが全然わからない……

とりあえず調べている中で無料でいい感じ!という評判があったので Bitwarden を使ってみることにしました。

パスワード管理は自動でも、変更は手動

当然ですよね。Google Chrome からパスワード情報の csv ファイルを出力して、Bitwarden にインポートして。あとは今回パスワードが漏洩したというアカウントのパスワードを変更する作業です。
ログオンして、パスワードの変更をして、Bitwarden で出力したランダムな文字列をコピペして、Google Chrome と Bitwarden にその情報を登録して……
- 1 時間後 -

f:id:free-denshi:20210221184358p:plain
やっとおわったぞ……

使ってみて

いや、まだ使う前の登録作業なんですけどね。
ブラウザの拡張機能として追加しておくと自動でパスワードを入力してくれるし、いちいち他の画面に遷移しなくてもパスワードのランダム生成とかをやってくれるし、なかなか便利だなと思いました。
クロス プラットフォーム対応ということなので AndroidiOS (iPad OS) 、別の PC でも環境の違いを意識しないで使えるかどうかはこれからしばらく使ってみて確認したいと思います。気が向いたら記事を書くかもです。